大事な愛犬が癌になってしまった時に必要なこと

ドッグ

病気の予防のために

柴犬

効率よく作業する

動物は季節が変わると、「夏毛」「冬毛」に生え変わります。この生え変わる時期を換毛期と呼び、ケアをしてあげる必要があります。柴犬にも換毛期があり、この時期はちょっと遊ぶだけで抜けた毛が舞い上がり、飼い主さんも困るのではないでしょうか。柴犬は毛が短いためカットなどのケアはあまり必要がないのですが、換毛期はケアが必要になります。実は柴犬は皮膚病にかかりやすい特徴がある犬種なんです。ケアで大切なのはブラッシングをすることで、抜ける毛を取り除いてあげます。ケアをしないと皮膚の通気性が悪くなり、病気の原因となってしまうからです。ブラッシングはただブラシを通せばいいわけではなく、皮膚を傷付けないように行います。ブラッシングは子犬の頃から慣れさせておくとスムーズに作業ができますが、慣れていない場合は、豚の毛でできたブラシを使うのがおすすめです。抜け毛を取り除くにはスリッカーブラシを使用します。ブラシの先端が肌に強く当たらないような持ち方をするのがポイントです。抜け毛を取り除くのに特化した専用ブラシを利用する方法もあります。柴犬の皮膚病予防のためにも重要なブラッシングですが、毛が抜けるからといってやりすぎると皮膚を傷めてしまったり、ストレスを与えてしまうことがあります。なるべく、短時間で作業を終わらせるようにしましょう。皮膚が弱い部分、毛がもつれやすい場所など、ポイントを押さえながら効率よくブラッシングをします。同時に皮膚の健康状態もチェックします。