大事な愛犬が癌になってしまった時に必要なこと

飼い主とペット

プードルのサイズ

どちらもプードルの一種であるトイプードルとティーカッププードルの違いは、サイズにあります。トイプードルが体高26センチメートルから28センチメートルで体重3キログラム前後、ティーカッププードルは体高23センチメートル以下、体重2キログラム以下のプードルが該当します。

犬に教えたいこと

女性とペット

隣近所から苦情が出ないように犬を飼うためには、しつけをきちんとする必要があります。無駄吠えはストレスが原因になっていることが多いですから、叱るだけでなくご褒美を与えることも大切です。犬のしつけは原因に応じて行いましょう。

原因や治療

獣医

様々な治療方法とその効果

人間は、年をとるにつれて癌を発症しやすくなりますが、それは犬も同様です。加齢により体が衰えると、細胞分裂をうまくおこなうことが困難になり、それにより癌細胞が生まれやすくなるのです。また、毎日の食事に微量の発癌性物質が含まれていた場合、それによって発症することもあります。さらに、紫外線やウイルス、ストレスなどが原因となっていることもあるのです。いずれの場合も、放置により癌細胞はどんどん増えていくので、犬を守るためにはそれを体から取り除くことが必要となります。具体的には、癌細胞に冒されている組織を摘出するという手術を受けるのです。また、癌細胞の増殖を抑える効果が期待できる、薬物による治療もおこなわれます。犬用のものは開発されていないので、基本的には人間用のものを使用することになります。さらに、放射線を照射することによる治療がおこなわれることもあります。放射線には細胞の機能を低下させる力があるので、これを癌細胞が多く集まっている場所に照射すれば、増殖を食い止めることが可能となるのです。加えて、免疫力を向上させることで癌細胞を撃退するという、免疫治療もおこなわれるようになっています。免疫治療は、手術や薬物や放射線による治療後の再発防止にも有効とされています。こういった治療は、いずれも設備の整った動物病院で受けることができます。また昨今では、末期癌となった犬のための、緩和ケアに力を入れる動物病院も増えてきています。

病気の予防のために

柴犬

柴犬は皮膚病にかかりやすい犬種です。換毛期のブラッシングは皮膚病の予防のために必要な作業です。スリッカーブラシなどを使用し、短時間で作業を行います。皮膚の弱い部分などを考慮したり、皮膚のチェックをしたり、効率よく行います。